GB DIGGER

ゲームボーイブログ

GBdigger

手持ちのゲームボーイたちをIPS化&真っ黒にカスタムした

この記事をシェアする

 


わたしのゲームボーイカラーは液晶とシェルを交換し、真っ黒で画面も明るいイカしたやつ。それだけでは飽き足らず、勢い余ってアドバンスとSPまでカスタムしてしまった。ここまでカスタムする必要もないのに完全に魔が刺した。でも全部かっこいいからいいや!

というわけで愛するカスタムモデルたちを見て行ってください

 

まずは所持するゲーム機の中でも稼働率ナンバーワンのゲームボーイカラー。元々はクリアパープルだったがイカ墨をかぶったかのように真っ黒になった。

見た目が変わっても中身は変わらないので、この子とは20年弱の付き合いになる。初めてのカスタムなので所々粗が目立つが、それも味ということで。

ゲームボーイカラーをIPS液晶にすることの利点は、画面が明るくなり表示領域も広くなること。遊びやすさが段違いに良くなるけれど、そのかわりに電池の消費がすごい腹ペコ小僧になってしまったので大容量の充電池を与えている。 

 

 



当時はゲームボーイカラーを遊びすぎてメガネ生活に落ち行ったので、同じく画面の暗いアドバンスを買ってもらえなかった。なのでフロントライト付きのSPは救世主のような存在だったわけだ。

遊びすぎて塗装がハゲハゲになったシルパーのSPをベースにカスタム。擦り連打をしまくっていたのでボタン周りは無惨な姿になっていた。

SPはフロントライトのままでも十分遊べますが、IPS液晶はさすがに見やすさがワンランク上がる。当然この子も電力食べ食べ小僧になってしまったので、容量の大きいバッテリーに交換した。




数年前、IPS液晶のアドバンスを作るかゲームボーイミクロを買うかで悩み、ミクロを購入した。それなのに手元にはIPSのアドバンスもある。人は欲望に弱い。

おばあちゃんの家で埃をかぶっていたアドバンスは、液晶が焼けてまともに遊べない状態だった。それを譲ってもらったので真っ黒にカスタム。ゲームボーイカラーやSPと違って、なんとなくダンディな男の香りをぷんぷん感じる。この殿方も大食漢なので、我が家から単三電池が絶滅しそうだ。

現状は液晶とシェルの交換だけだが、USB-Cの充電に対応させたり、ボタン光らせる、音質をよくしたりとカスタムの世界はまだまだ広い。今はまだ浅瀬で遊んでいるだけなのです。


カスタムをしたわけではないが、我が家のゲームボーイズの一員であるミクロも載せておく。やはりいつ見ても妖艶なフォルム。ゲームボーイよりゲームお姉様の方が似合う(?)

片手で隠せるサイズなのに意外と遊びやすくてお気に入り。さすがにIPSと比べるとくっきり感が劣ってるなどの弱さを感じますが、よほど敏感な人じゃなければ気にならないと思う。

これ以外にも、オリジナルのアドバンスSP、DS lite、3DS、PSvitaにSwitch liteと携帯ゲーム機は全てブラックで統一している。オタクは・・・じゃない男は黒に染まれって言うじゃない?

実はちゃんと遊び分ている


わたしは無駄なものは持ちたくない主義なので、正直なところアドバンスかSPのどちらか1台あれば十分なのは理解している。でも全部ちゃんと使い分けて遊んでいるから無駄じゃないんだ。本当に。まじで。

ゲームボーイソフトはアドバンスやSPで遊ぶと、ソフトが大きく飛び出てスマートじゃないのでゲームボーイカラーで遊ぶ。アドバンスソフトはシチュエーションなどで使い分けたりする。アクションやレースゲーは、ボタンの押し心地や操作のレスポンスがいいSPでよく遊んだり。

ミクロは外出時によく持ち歩く。さすがにアクション系はちょっとキツイのでそれ以外のソフトと共に連れている。最近はミスタードリラーエースが常駐。

その日の気分で使い分けると、同じゲームでも見え方が変わって新鮮に遊べるのも利点かもしれない。わたしだけかもしれないが、SP大好き期とミクロ大好き期は入れ替わりで定期的にやってくる。

もしも初代ゲームボーイに思い入れがあれば、カラー以外で使い分けたりする可能性もあったのかもしれない。なんならポケットをIPS化するか悩んでいるが、なんとか思いとどまっている。ギリギリ。

どのゲーム機も大好きなので、複数持ちで使い分けるのは楽しい。ちょっとしたこだわりなのです。