GB DIGGER

ゲームボーイブログ

GBdigger

iPhoneのエミュレーター、Deltaの使い方とファーストインプレッション

この記事をシェアする


App Storeの規約変更やらで、ついにiPhoneでエミュレーターアプリが解禁されたようだ。そんなiPhone待望のエミュレーターアプリの簡単な使い方と、少し遊んでみた感想を書く。

[4/22] 各種クラウドドライブ経由でのROMのダウンロード方法について追記。

Delta Game Emulatorの使い方

今回利用したのは「Delta」というアプリ。

現状サポートされている機種は、FC(NES) , SFC(SNES) , 64 , GB(GBC) , GBA , DSと任天堂系のみ。マルチエミュレーターとしては少し物足りないが、スマホだと思うと十分に思う。むしろ64はいけるんだなという驚きもある。

今後増えていく様子なので、いずれPSもできる時がくるかもしれない。

ストアページは以下のリンクから、もしくはApple Storeで「Delta」と検索すれば出てくる。

Delta - Game Emulator

Delta - Game Emulator

  • Testut Tech
  • エンターテインメント
  • 無料

apps.apple.com

事前準備

ROMは自前で用意すること。自分でダンプしようね。

ROMは直接iPhoneにArirDrop経由で送るか、GoogleDrive、iCloudなどのクラウドサービスに保存しておくだけでいい。Mac環境があるのであればArirDropがおすすめ。

ROMダンパーについて書いた記事はこちら

gravediggergaming.com

ROMのダウンロード


アプリを起動したら

  1. 右上の「+」を選択
  2. 「File」を選択
  3. 右下の「ブラウズ」を選択
  4. ROMを保存場所を選択

 



AirDrop経由で送信したROMは「ダウンロード」内にある。ROMを選んでから、右上の「開く」を選択すればよい。ホームに機種ごとにソートされて表示されるので、スワイプで表示を切り替えられる。

ドライブからダウンロードする場合


ドライブに保存されているファイルは直接開けないようなので、ドライブアプリ側から本体にダウンロードする必要がある。

Google Driveの場合は

  1. ドライブのアプリから対象のファイルを長押しして、ダウンロードを選択
  2. 「Delta」を選択

iCloudの場合は「ファイル」アプリから対象のROMをタップするだけで「Delta」側に表示される。


一部ソフトを除いてサムネ画像も表示される。今回はGB,SFC,64で確認をとっているが、64のゲームはサムネが全く表示されなかった。

あとは遊びたいROMを選んで遊ぶだけ。とっても簡単。

セーブデータオプションなど



ROMファイルを長押しすると、ファイル周りのメニューが表示される。「Import Save File」を選択すればダンプしたセーブデータファイルも読み込むことが可能。もちろん書き出しもできる。他にもファイルのリネームや、サムネ画像の差し替えも。

ゲームを切り替えた場合、ゲームはリセットされてしまう仕様だ。ゲーム内でセーブをするか、クイックセーブをしていないと悲しい思いをする事になるかもしれない。

アプリをバックグラウンドにした時と、スリープにした場合は自動でクイックセーブされる。急な連絡への対応も安心だが、自動クイックセーブは上書きされていく仕様なので、手動でセーブをするに越したことはないだろう。


メニューボタンを押すとポーズモードに。クイックセーブに倍速切り替え、チートやボタンのホールドなど、ゲームを快適に遊ぶ機能もある程度備わっている。

ゲームをリセットする場合は、メインメニューに戻った後に、現在遊んでいるゲームのROMをタップして選択。

メインメニューからセッティングにも飛べるが、ボタンを押した時の反応や、コントローラーの不透明度など設定できる部分はあまり多くない。

遊んでみよう


さっくりと遊んでみたが、ぱっと触った感じでは特に問題なくエミュレートされているように感じた。ゲームとiPhoneの機種に左右されるだろうが、64のバンジョーとカズーイの大冒険も普通に遊べる。ちなみに本記事のiPhoneは13miniです。

操作性は思ったより悪くないのだが、ゲームによっては無理がある。3Dスティックは細かい調整が難しく、LRを使用するアクションの操作も困難だろう。十字キーの操作も少し慣れがいるように感じた。

Switchのプロコンや、Dualshock4、箱コンなどの外部コントローラーにも対応しているので、本格的に遊ぶのであればコントローラーの利用は必須だろう。画面は小さいけど。


個人的にはRPGやゲームボーイソフトで遊ぶ際に真価を発揮すると思う。なんせ片手で操作ができるのだ。さくっと時間潰しに片手間で遊べるのは大きな利点だろう。がっつり遊ぶのであれば、実機かPCエミュレータなどで遊んだ方がよっぽどいい。

快適とは言い難いが、必要最低限でシンプルなエミュレーターといったところ。64は一部起動しないゲームもあった。手持ちのiPhoneで遊べるので、ここからレトロゲーム、エミュレーターの世界に飛び込んでみるにはちょうどいいのかもしれない。

メインで遊ぶことは無いだろうが、ゲームボーイのちょっとしたパズルゲーム、例えばテトリスとかを入れておくと暇つぶしが捗りそうだなぁと思う。