GB DIGGER

ゲームボーイブログ

GBdigger

Switch liteで遊んで1ヶ月、改めて気になった事とか

この記事をシェアする


衝動的にswitch liteを手にして、はやくも1ヶ月が過ぎ去ってしまいました。エグゼコレクションにゼルダ、インディーゲームや積みゲーなんかをモリモリと遊んだところ、最初は気にならなかったことに気づいてくる。

switch lite、実際に遊んでみてどうなの?

 

じわじわ熱い、地味に気になる本体の発熱

 

ゲームにもよりますが、プレイ中に本体がじわじわと熱を帯びます。熱すぎる!という程ではないですが、手がホカホカになる程度には熱くなる。わたしの場合だと、若干手汗がでる時もあったり。

switch の携帯モードだと、ジョイコンと本体が分かれていて、サイズが大きいのでそこまでプレイ中に熱を感じることはありませんでした。lite だと背面に広く触れるので、熱さを直に感じる。

グラフィックの表示などが抑えられているとはいえ、携帯ゲーム機ではやはり処理がきつい場面もあるのでしょうか。スマホもよく熱くなりますよね。

ジョイスティックが好きじゃない!

 

携帯機として遊ぶとなると、ジョイコンが大きく出っ張っているのが地味に気になってしまう。高さがそこそこあるので、Bボタンを押すときにどうしても当たってしまうんのです。これに関しては lite に限った話ではなく、ジョイコンでも起きる事ですが、慣れるまではかなり気になりました。


vitaも似たようなデザインですが、はスティックが低めでボタンより少しずれているので、気にならなかったんですね。3Dのゲームをするときは、右のスティックも定期的に使うのであまり気になりませんが、右スティックを使わない2Dゲームだと、地味に存在を感じて気になる。

後は見栄えの話になりますが、浮き出たスティックが目立ちますね。

セーブデータ周りがやっぱりネック

switch lite を普段遊ぶ本体にして遊んでいますが、まれにセーブデータが正常にクラウド上で同期がとれていないことがありました。その際は、セーブが古い本体側では、手動でセーブデータをダウンロードしに行かなければなりません。

ちゃんとホームに戻ってからスリープをすると大丈夫ですが、プレイ中にそのままスリープにした時に発生したように感じます。

また、ポケモンなどのお預りサービスを利用できないタイトルをよく遊ぶなら、より気になってくるでしょうね。

充電の減りが思ったより早い

昔の携帯ゲーム機に比べて、性能も上がって映像も綺麗な分、充電の減りが思ったよりも早く感じます。大体5時間程度遊ぶとバッテリーがなくなりました。

ゼルダを遊んでいる時は減りが早く感じたので、3Dの処理の思いゲームを遊んでいるともう少し短くなりそうです。

スマホで毎日充電することに慣れているので、個人的にはそこまで気にはなりませんでした。外に持ち運ぶにも1日遊ぶには十分です。

それでもやっばりliteが好き


細かく気になる点はあるとはいえ、本体の軽さ、サイズ感、十字スティックの存在・・・と lite の好きなポイントはそれよりも多い。やっぱりわたしは switch liteが好きだなぁ。

当たり前にはなりましたが、ゼルダなどの3Dグラフィックのゲームが手元でゴリゴリに遊べるのは改めて思うとすごい。

個人的にはスーファミや64のゲームがどこでも遊べるのが最高です。スマホのテザリングを使えば、どこでもオンラインサービスが使えるのも便利な時代になったものです。